235_J_Top.jpg

マリインスキー・バレエに客演してのアシュトン振付『シルヴィア』終演後、カーテンコールでのローレン・カスバートソン
Photo: Natasha Razina. © State Academic Mariinsky Theatre


Dance Europe - 日本語版


235J_LC.jpg

マリインスキー・バレエに客演してのアシュトン振付『シルヴィア』終演後、カーテンコールでのローレン・カスバートソン Photo: Natasha Razina. © State Academic Mariinsky Theatre

ローレン・カスバートソン


ロイヤル・バレエのプリンシパルであるカスバートソンが、11月10日、マリインスキー・バレエの『シルヴィア』に客演。歴史的なサンクト・ペテルブルクでのデビューにまつわる秘話を、本誌編集長エマ・コールダーがうかがいました。

エマ・コールダー(以下、EK):マリインスキーでの『シルヴィア』主演が決まったいきさつは?
ローレン・カスバートソン(以下、LC):その週の水曜の夕方にケヴィン(・オヘア、ロイヤル・バレエ芸術監督)から最初の打診があったんです。予定されていたバレリーナがダウンしてしまって、土曜日の夜の公演を踊れる人がいないらしいんだけど、って。「そんな話が私に来るなんて?」というのが第一印象。こんなチャレンジングなお話をいただいて、光栄だし興奮もしたけど、とにかく想定外で、すぐには話が呑み込めませんでした。しかもそのとき私は、映画『コレット』を見に行こうとしていたところで、すごく急いでたんです。なので、何時間か考えさせてください、と返事をしました。映画の後でケヴィンに電話をして、「すごく行きたいです。行かなかったら、自分が許せないと思う」と伝えました。READ MORE



Yuri Fateev by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre (10).jpg

ユーリ・ファテ−エフ쐤緞 Photo: Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

Yuri Fateyev - ユーリ・ファテ−エフ


マリインスキー・バレエの芸術監督に、エマ・コールダーがお話を伺いました。

エマ・コールダー(以下EK):10年前に就任して以来、あなたは様々な扉を開いて来られました。レパートリーの面では、古典バレエの最高の水準を維持しつつコンテンポラリー作品を拡張しました。そして世界中からダンサーを招き、入団させてきました。特別な意図があってそうなさってきたのですか?

ユーリ・ファテ−エフ(以下YF):もちろん、逸材には目を光らせてきました。じつは世界を見渡しても才能あるダンサーは、特にバレエでは多くありませんから、若い才能は見逃さないよう注意していなくてはなりません。もし私が彼らに特別な何かを授け、成長させてあげられるなら、そして彼らがマリインスキーのレパートリーに合っていてそのスタイルを受け入れられそうに思えたら、「ここに来て世界のトップクラスのダンサーにならないか」と誘います。マリインスキー・バレエは、クオリティ、雰囲気、サンクト・ペテルブルクという街、レパートリー、そしてマリウス・プティパがここで仕事をしたという意味でも、世界最高のバレエ団だと思います。
READ MORE


ENBの『眠れる森の美女』


イングリッシュ・ナショナル・バレエのマクミラン版『眠れる森の美女』に、コジョカルが主演。アマンダ・ジェニングズのリポートです。 

『眠れる森の美女』はプティパ振付の古典の中でも最も難度の高いバレエの一つだ。主演のバレリーナには幅広い力量とスタイルについての深い理解が求められる。リラの精もバレリーナのための役であり、ひじょうに強い技術と、スタイリッシュで優雅な、堂々たる存在感が求められる。妖精たちのソロは端正で正確でなくてはならず、コール・ド・バレエにも高いレベルが要求される。ケネス・マクミランによる演出を再演するにあたり、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)はエキスパートであるアルフリーダ・ソログッド、フリオ・ボッカ、イレク・ムハメドフ、アンソニー・ダウソン、アマンダ・アイルズを指導者として招き、正しい方向に努力を重ねた。 
READ MORE